本堂の建築様式

当本堂は、浄土真宗本堂の通則に従い、堂の前半に外陣、後方に内陣および餘間を設け、外陣正面に広縁・向拝をつける。
向拝では石製礎盤を据えて、几帳面取角柱をたて、柱間に象鼻つきの虹梁型頭貫を通し、柱上に連三斗(背面に手挟付)、中備に「波に雲」の彫刻を入れる。向拝は、縁柱と海老虹梁で繋いでいる。

主屋は面取角柱を立て、柱間に切目長押・内法長押・飛貫を入れ、柱上に舟肘木をおく。正面の柱間装置は、各間に双折棧唐戸を吊る(但し、この双折棧唐戸は後補のもので、旧の軸穴が上下長押に残る)。妻飾は虹梁大瓶束、破風の拝みに蕪懸魚を吊るしている。現在、外陣の側面には、書院が接続しているが、側面の柱・鴨居に風蝕があり、元は半間の縁があり、独立して建てられていた。側面縁が半間であったことは、北側屋根の垂木が、姑息な継手によって増築されていることからも明らかである。

  • 本堂
  • 本堂

堂内は、手前に広縁付の間口五間(実長六間)・奥行三間(実長三間半)の外陣、奥に内陣および両餘間とも格天井である。

外陣は、中間に柱を立てないが、内外陣境の前方一間に矢来を設ける。側面の柱間に三本溝の敷・鴨居があり、もとは外側に板戸二枚・内側を障子としていたと思われる。

内外陣境は、柱間に巻障子を入れ、餘間側より一段高く内法長押を打ち、この上に牡丹の透彫欄間を嵌め、柱上に大斗絵様肘木・中備蟇股を飾っている。柱・長押・欄間・巻障子は漆地に金箔を押したもので、蟇股・組物には群青、柱上部や虹梁型頭には極彩色が施されている。内陣奥行は二間半で、背面両脇に脇仏壇を設け、中央後方に来迎柱付にお出仏壇を据え、後門を設ける。格天井の格間に草花の彩画がある。本尊は、須弥壇上の宮殿形厨子に納め、背後の来迎柱は、木鼻付の虹梁型頭貫を通し、出三斗をのせて天井桁を受ける。内陣と餘間の境は、間仕切りがなく、無目結界を入れるに止め、開放的な内陣とされている。この点も江戸後期の特色をよく示している。
左右対称の餘間は、幅二間・奥行半間の仏壇を設け、落掛を虹梁型として中備蟇股を飾る。

  • 本堂
  • 本堂

本堂の建築様式

柱の配置について

正面の柱配置について

外陣正面は、五間(実長六間)、奥行きは実長三間半(七・八尺の三つ割)である。内陣は正面中央を各間一間)とし、両側に間口1間半の餘間を設けている。このため、内外陣境と外陣正面の柱筋が揃わない柱配置となっている。これは六間堂の故に生じたものである。六間堂において、一間毎に柱を建てると、正面中央に柱が立つことになる(当麻町・現徳寺)。これを避けるために、六間を五間としたものであって、当本堂では両端の間を六尺五寸とし、中央三間を八・四六尺の等間としたのである。隅を固めるとともに、中央に広い開口部をとり、堂の正面性と開放化を高めているのである。

  • 本堂

浄土宗本堂の古式なものは、柱間を三間、五間、七間の奇数とし、一間毎に柱を立てることが知られている。しかし、江戸中期以降になると外陣中央部の柱間を広げ、開放化を指向するようになる。西教寺本堂は、そうした発展過程に沿うものといえる。

内陣および餘間平面

内陣正面は三間である。これは浄土真宗本堂の古くからの定法で、これを順守したものである。柱間寸法は、本山や別院では柱間一間が十尺におよび、末寺では五尺に満たないものがある。一般的には京間三間の等間であるが、当本堂は中央間が六・七尺、両脇間を六・〇五尺としている。

  • 本堂
  • 本堂

餘間は方二間(八畳)であるが、外陣側の間口は一間半としている。側面庇の半間を取りこんだためで、餘間が外陣から張り出している。このような餘間平面は、江戸後期以降の特色である。江戸時代、木佛寺号および聖徳太子・七高僧(三朝高僧)・親鸞聖人・前住様御影を備えた寺院を五尊寺と呼び、本尊と宗祖および門主の三尊を祀る寺より上位の格式とされた(『真宗史料集成第九巻』)。当寺は、宝暦五年には五尊寺になっていたとみられるので、右の本山許可物を掛ける広い間口の餘間よま仏壇が必要であった。従って、文化五年再建前の本堂は、餘間のない道場形式ではなく、餘間をもつ本堂であったとみてよい。

  • 本堂
  • 本堂
  • 本堂

本堂

結び、本堂の建築史的特色

以上のように、本堂は建築年代・工匠が明らかで、江戸後期の特色をよく伝えている。特に、外陣廻りの柱配置や庇を取りこんだ餘間、緊迫や極彩色で飾られた極楽浄土を思わせる華やかな内陣空間など、江戸後期の特色を示している。また、側面縁や建具などの改造がみられるが、当初の形式をよく残しており、保存状態が良好である。