東門

  • 東門
  • 東門

名称 西教寺東門
所在地 大阪府和泉市幸二-二五〇
年代 明治後期
登録基準 一 国土の歴史的景観に寄与しているもの
特徴・評価 境内東辺南端、鐘楼の隣に構える門で、本堂脇の式台玄関への入口にあたる。一間薬医門、間口二.二メートル、切妻造本瓦葺で、左右に築地塀が接続する。本柱は五平材で、男梁を三筋架け、大斗実肘木で桁と梁を受ける。日常の使用に供される通用門である。
備考
登録有形文化財登録証 PDF

 東門は式台玄関の正面に位置し、東面して建つ門である。本堂正面に建つ大門は普段は開門されないため、東門が実質的な表門の役割を担っている。門の形式は一間薬医門で、切妻造、本瓦葺きである。
 本柱は見付8寸5分の五平の角柱であり、正面側のみ几帳面取りとする。本柱上部間にを入れ、柱上には女梁と男梁で固めた冠木を載せる。控柱は5寸角の角柱であり、面取りは施されていない。控柱間には虹梁形頭貫を入れ、柱上には冠木を載せる。男梁は本柱と控柱上のみでなく、両柱間中央にも配している。男梁の上には大斗肘木を置き、軒桁及び妻梁、及び内室梁を受ける。棟木は、妻梁上の蓑束、内室梁上の大瓶束で支える。これらの構造は、基本的に大門と同じである。
 軒は二軒繁垂木、破風の拝みには鰭付の蕪懸魚を吊るす。破風板は眉欠を施し、反り破風としており屋根面の反りも明瞭である。屋根は大棟、隅棟、降棟とも組棟であり、雁振瓦(丸桟伏間瓦)を置き、軒端には獅子口を据える。なお、屋根は近年全面葺替されている。
 門扉は肘壺で吊り、背面に閂を取付ける。扉には閂を止める乳金具、肘壺の位置に八双金具を打つ。扉の板材はケヤキの一枚板である。
 建築年代は明らかではないが、屋根勾配はやや急で明治時代の特色を示しており、虹梁の絵様からも明治時代のものと考えられる。また、大門と基本構造が同一であり、風蝕の程度も大門と変わらないことなどを考え合わせると、東門は大門と同時期に、表構えの整備の一環として建設されたと考えるのが妥当であろう。したがって東門の建築年代は明治後期と考えられる。
 東門を大門と比較すると、①大門より規模が小さい、②本柱表面のみ几帳面取りとし、控柱に面取りは施さない、③絵様、彫刻類が簡素である、④ケヤキ材は戸板のみ使用する、という違いがある。東門は日常的な表門の役割を担う門である。大門より意匠を簡略化し、ケヤキ材の使用も戸板のみに限定することで、正門である大門との違いを明確にしているのであろう。しかし、前述のとおり構造的には大門とほぼ同一で、薬医門としては凝ったものであり、御坊格寺院に準ずる伽藍を整備する中で、東門についても相応しい格式を求めたと見られる。東門は本寺伽藍の重要な構成要素として、また地域の歴史的な景観にとっても欠かせない建造物となっている。
 以上の点から、東門は「登録基準(一)国土の歴史的景観に寄与しているもの」に相当すると考えられる。
(所見記入者 大阪府教育委員会文化財保護課 統括主査 地村邦夫)